つむじはげは早めに対処しよう|毎日の変化に気付くことが大切

医療機関で薄毛治療

医者

薬で薄毛が治せる

従来の薄毛治療となると、頭皮をマッサージする、髪の毛に良い食材を食べてみる、育毛シャンプーや育毛剤を使用するなどが主流でした。しかし、今の時代はテレビCMなどでも頻繁に流れている通り、病院で薄毛が治療できる時代になっているのです。処方される薬は、ミノキシジルとプロペシアを中心に処方されます。育毛剤だけだと血行促進や栄養補給、保湿に効果がありますが、薄毛の原因が男性ホルモンや遺伝が関係しているAGAであると育毛剤単体では改善させるのが難しいのです。そこで、男性ホルモン抑制効果のあるプロペシアを病院で処方してもらい服用することで、薄毛の進行を止める効果を得ることができるのです。さらにミノキシジルで毛母細胞を活性化させ発毛を促進させます。

気になる治療費

病院でAGA治療を受けると気になるのは、治療費です。病院でAGA治療が受けられるといってもどこの病院でも受けられるのではなく、頭髪治療の専門医院でないと専門的なAGAを受けることができないです。また、AGAは保険の適用がされない治療ですので、全額自己負担となります。頭髪専門医院が登場したころは3万円以上は毎回かかってしまっていたのですが、現在では1万円以下からでも治療を受けられるプランもあり料金体系も幅広くなってきています。保険適用はされないのですが、医療費控除は受けられるので領収書は必ず保管をしておきましょう。また、病院によってはお勧めするシャンプーやサプリメントをすすめられることがあるので、診察代と薬代以外にかかることもあります。